名前 檜山滝
コメント 法体の滝北部に位置する。水量はそれほど多くないが、中段から下の柱状節理の岸壁を含む約50mの岩を末広がりに落下する様
は壮大で美しい。沢に降りれば滝壺まで行けるが、上段を踏めた全景が見えなくなるジレンマはある。沢に降りるときは数メートルの
急斜面であるため、ロープがあったほうが安全と思われる。
アクセス 県道70号沿いの中村地区から沢内川右岸にある道に入る。ここから進み、最深部の民家のすぐ手前にかかる小さな橋が目印。小型
車なら渡れるだろうが、堰堤まで約250mなので、ここで邪魔にならないように駐車すべき。上流に進むと堰堤が見えるので、このまま
右岸沿いの僅かな踏跡を進む。駐車した場所(小さな橋付近)から徒歩で約15分
訪問 2009年7月18日、2016年9月24日

inserted by FC2 system