名前 松山滝
コメント それほど大きさは感じず、水量も多いとはいえないが、左右にうねりながら落下する
姿は趣がある。
アクセス 県道780号から布引の滝の案内板に従って進めば、間近に見える(案内板あり)。
訪問 2009年11月1日、2017年5月6日

 

inserted by FC2 system